現在、このページのスマホ対応を進めております。
完成まで、PC用デザインにてお使いください。 X 閉じる

元気なお子様のひざを保護!アンパンマン・ワッペン

 

勃起は自律神経によって支配され

2017年7月26日[水] 16:23:50

このページのトップへ

勃起は自律神経によって支配されている

勃起が成り立つには色々な身体の器官が関わっています。

男性ホルモン、血流、神経、脳などあらゆる器官や機能がミックスすることで、初めて成り立つ現象と言ってもいいでしょう。

その中の1つに自律神経があります。

自律神経とは簡単にいえば、人間のオート機能を担っている神経です。

「暑くなれば汗をかく」、シアリス 通販「意識しなくても呼吸ができる」といったように、自律神経によって支えられている器官は人間の身体には無数に存在しています。

そして、勃起もその1つだと思ってください。
自律神経と勃起の関係

自律神経には交感神経と副交感神経という2つがあります。

※自律神経=交感神経+副交感神経

この2つの神経がバランスよく働くことで、自律神経が通常通り運行できいます。

そして、大前提に男が勃起をするときは「副交感神経」が優位になっていなければなりません。

要するに、威哥王勃起は自律神経の中でも副交感神経が担当している現象なんです。

交感神経が優位になっている状況では、どれだけ性的な興奮があっても勃起はしません。

つまり、「勃起をしたいのに!」「とても性的興奮があるのに!」勃起しない、中折れしてしまうというのは何らかの原因で自律神経の担当が交感神経になっているからなんです。
シアリス 通販 http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20

そして、何らかの原因の代表格がストレスなんです。
ストレスで自律神経は乱れ、バランスを崩してしまう。

自律神経はこころと繋がっている神経とも言われています。

緊張・焦り・不安といったストレスがかかった時、人間の身体の中では交感神経が優位な状態になっています。

それを証拠に、血圧が上昇したり脈が早くなるといった現象を担当しているのが交感神経です。

緊張したり、焦ったりするとドキドキし、脈が早くなるといった経験はほとんどの人があるでしょう。


それは緊張・焦りといったストレスがかかっている状態で、しっかりと交感神経が働いているからなんです。

でも、この反応は何ら問題はありません。
とても人間として自然な反応です。

むしろ、緊張や焦りのストレスがかかったいるのに交感神経が優位にならない方が身体のどこかがおかしいという事になります。

しかし、こういったストレスが1日中かかったり、数ヶ月続いたりすることで交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

ストレスが悪ではなく、慢性的に続くストレスが自律神経にとって悪いのです

気になった日記などは「ぐりぐり」しましょう。 "1ぐり"増えます。0ぐり


 
名前: 
コメント: 
 

 
 
  2017年7月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
7/26EDに至る原因は、大別すると2つ
7/26勃起は自律神経によって支配され
 
   

ピックアップメニュー

コメントを書き込まれた日記

日記コメントはありません

お気に入り

お気に入りはありません