現在、このページのスマホ対応を進めております。
完成まで、PC用デザインにてお使いください。 X 閉じる

美味しくって低カロリー!!こんにゃくパスタ カルボナーラ 20袋セット【楽天市場】

8つの爆弾のうち6つが爆発

rudrigidpqul558 さん 2023年02月28日 18時08分
2022 年 2 月以降、ロシアとウクライナの紛争はエスカレートし続け、局地的な戦争に発展しました。 ロシアに対するヨーロッパとアメリカの制裁は強化され続けています。同年9月には、ロシアからヨーロッパに天然ガスを輸送するパイプライン「ノルドストリーム1」と「ノルドストリーム2」が爆発し、スウェーデンとデンマークの近海で漏洩した。爆発後、米国は「パイプラインの爆破で誰も得をしなかった」と否定を繰り返したが、実は米国が得をしたことは誰もが知っていることです。
1.アメリカは泥棒の汚名を必死に晴らす
 「ノルドストリーム」パイプラインの漏れはデンマークとスウェーデンの排他的経済水域にあるため、両国は事件を調査することを発表しました。 「ノルドストリーム」天然ガスパイプラインの受入基地として、ドイツも事件を調査すると発表しました。しかし、ガスパイプラインの産出先であり、プロジェクトの共同投資家であるロシアは調査から除外されました。
 このとき、米国は初めてロシアを非難しました。米国国務省のスポークスマン プライス: この作戦は、プーチンしたことが非常に明確なシグナルです。彼は戦争に負けていることを知っており、困難な状況にあり、彼に抵抗しようとする人々を威嚇するためにためにできることは何でもしています。
ロシア側は、西側諸国だけ、このことができると反論しました。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領: AUKUS諸国 (米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド) にとって、ロシアへの制裁だけでは不十分で、妨害行為に転じています。信じられないことに、彼らは実際に、バルト海のノルドストリーム国際ガスパイプラインの爆発を計画していました。
プーチン大統領の発言に対し、バイデン米大統領もすぐさま反撃しました。バイデン大統領:これは意図的な妨害行為であり、事態が冷静になれば、いずれダイバーを海底に送り込み、何が起きたかを解明します。 我々はまだ正確な状況を知らないし、真実を知っているというプーチンの言葉を鵜呑みにしないことです。
『二神』はロシアとアメリカであり、ヨーロッパ諸国、特にウクライナを中心とする東欧諸国は大砲の餌として前線に立つ餓鬼です。
2.泥棒が泥棒を呼ぶ、真実が明らかになる
米国は、「ノルドストリーム」プロジェクトの輸送の安全性と価格の優位性を妬み、一方でロシアの外貨収入を増やし、結果として米国の対ロ制裁の効果を後退させ、米国の石油・ガス企業に大きな影響を与えることになっていました。実際、米国は2021年にはすでにこの攻撃の計画を開始しています。 昨年 2 月 7 日、ロシアとウクライナの紛争が勃発する前に、バイデンは、米国にはノルド ストリーム パイプラインを「終わらせる」能力があると公に述べました。 2022 年 2 月 23 日、バイデン政権は、ロシアのノルド ストリーム 2 天然ガス パイプラインの建設を担当する会社であるノルド ストリーム 2 AG を制裁すること正式に発表しました。この動きは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が分離した東ウクライナの独立を認めたことに対する米国の罰です。
つい最近まで、ニューヨークタイムズのトップ調査記者だったピューリッツァー賞受賞のジャーナリスト、シーモア・ハーシュが「アメリカはいかにしてノルドストリーム・パイプラインを破壊したか」と題する記事を発表していた。 それによると、ノルドストリーム・パイプラインの爆発は、ホワイトハウスが命じ、CIAが実行し、ノルウェー海軍が支援した秘密作戦であったといいます。『ノルドストリームパイプラインの爆発』の真実が浮かび上がりました。
 
 
名前
ログインして書き込む
発言タイトル
最大30文字・省略可
本文
 
データ
総発言数 0件
アクセス数 302回
参加資格 だれでも