現在、このページのスマホ対応を進めております。
完成まで、PC用デザインにてお使いください。 X 閉じる

ネイルがキマると、自分に自信が持てる、これ本当よ!【ネイルUP×楽天コラボ企画】

 

4,尾道いいところ、そして倉敷市

2021年5月13日[木] 01:14:23

このページのトップへ

4,尾道いいところ、そして倉敷市

4,尾道いいところ、そして倉敷市[2]

4,尾道いいところ、そして倉敷市[3]

尾道のゲストハウスに泊まった次の朝5時半頃。

早朝に出かけるのだが、朝食と歯磨きと洗顔をしたい。
皆が寝ている寝室の窓側に洗面台が1つ設置されている。仕切りはただの昔の引戸。

ここで朝5時半頃に歯と顔を洗えば音で皆に迷惑がかかる。
私は一階のトイレの手洗い場に行った。
水しか出ないが仕方ない。

蛇口付近にはナメクジが一匹いた。

ひぃあーーー!!!ああ…どこから入ってきたの…
(他の人のレビューを読むと蛇がいたこともあったようだ😅)

その蛇口で口をすすいだら錆びの味がした。あぁ昭和…。

ゲストハウス内の照明は暗く、朝日を利用しながら軽くお化粧。

朝6時半ごろ、海龍寺に向かった。
もうすぐ寺に着くというときに道の真ん中で放し飼いの犬が吠えて通せんぼしてた。

どうしようと後ずさると犬は吠えながら追いかけてきた。しかし背中を見せると危ないかもしれないとそのまま後ずさりするのだが犬は小走りに追いかけてくる!!!
どうしよう!?

その時軽トラが私たちの間を通りすぎた。

犬はそのまま私を追い越してガードレールのところでおしっこすると、また勢いよく元来た道を走り去っていった。

おしっこしたかっただけかよ!!!

何か解せぬ思いを胸に仕舞い、海龍寺に続く階段の下まで来た。その時

「わん!!」

なんとさっきの犬が階段の最上段にいて私を見下ろしていた。

ひと吠えだけして、そのまま犬は奥に消え去った。

あの犬、ここの寺の飼い犬だったのか?!階段を登るともう犬はおらず、別の犬が奥の建物の横で寝ていた。人懐っこいい猫もいた。かわいい。

この日は住宅地に点在するお寺を回った。

それらのお寺で2度ほど年配の外国人夫婦とすれ違った。

その夫婦と住宅地の細い路地でまた会ったときに、私に英語で話しかけてきた。
「◯◯寺に行きたい」らしく地図を見せてくる。
しし知らねー!!私も観光客だもん!

そんな言葉を英語で言えず一緒に無駄に悩んでいると、ふとさっき坂の下で見た生協宅配の人の存在を思い出した。

「ちょっと待ってて!」(日本語)

急に走り出す私。困惑した笑顔で着いてくる夫婦。
生協の人はまだその場におり、後から来た彼らに英語を交えて説明してくれた。

助かった…。

その生協の人は年齢は50代くらいの細身の男性だったが、背中に籠を三個ほど積み上げて背負えるやつで配達しているようだった。
生協強い。

それから尾道駅裏の山方面から偽広島城の方に向けて歩いた。階段じゃなくて坂道が多かった記憶が…すごく距離があり疲れて行かなきゃ良かった。
広島城は廃墟になっており入ることも出来ない。そのままどこかの広場のベンチでぼけーっとパンを食べて休憩した。

たくさん歩いて不思議な風景を見れて大満足の尾道観光、このときから階段に興味を持った。次来るときには絶対2泊する(そして2020年に再訪した)。

昼はお好み焼き「トマト」でお好み焼きを食べ、午後2時半に尾道駅から岡山県倉敷市に移動した。
倉敷市といったら美観地区。
白壁となまこ壁、瓦屋根の素敵な町並み、商店街。
そして有名な川の風景。

しかし尾道での散策に足が疲れてしまい、いまいち美観地区での散策に身が入らなかった。義務感で仕方なく付近を歩いたという記憶しかない。
美味しいパン食べたなぁ。

この日はHOSTEL CUORE倉敷に泊まった。
ここはゲストハウスで「あったらいいな」を全て実現したとても機能的でいいところだった!

まず寝床一面に布団を敷いておらず隙間が20cmほどある。これが物を置くのに便利なのである。
明かりは強さを調節できる照明と、もう1つ付いていた。カーテンの閉め具合も隙間なくバッチリ。

シャワー室も男女別だったような気がする。

また美観地区に行くときにはここに泊まりたい。

本日の歩数32000歩 どんだけ歩いたんだか💦

※写り悪いけど写真の犬が追っかけてきた犬。まだ生きているかしら?

  • 目指せ!杉本彩さん2021/05/13 09:10
    美観地区も何度も行ってるけど、加計美術館があったでしょ??阿部さんと問題があった人の美術館??さすが金持ち権力者って思ったわ。そのころ、その話題があったのでここかぁ〜〜って思ったw
    駅の方から歩いてきて美観地区に入ってすぐのあたりにいいパン屋さんあったのに〜〜〜〜
    当然、ここに行ってパン買ったよ^^
    むらすずめの本店にも当然行ってきた〜〜
    あと倉敷桃子で当然パフェ!
    岡山市はフルーツパフェの街で売ってるから岡山市でもフルーツパフェ食べてきたし〜〜
    あと、倉敷はデニムの街だから青いソフトや青い肉まん??みたいなのも売ってたけど見た目がえぐすぎて食指はわかなかったわ


3,尾道ビックリ階段

2021年5月9日[日] 22:22:24

このページのトップへ

3,尾道ビックリ階段

3,尾道ビックリ階段[2]

今日は快晴☀️
今治市から尾道に移動するためにしまなみライナーというバスに乗った。優雅な景色を楽しみつつ一時間半後に尾道市に到着!!

この年に初めて来た尾道。どんな風景が待っているのか…

まずは荷物を置きに今夜の宿の「あなごのねどこ」というかわいい名前のゲストハウスへ。
古い建物をリフォームした宿でネットで画像を見て雰囲気がとても良かった。

この宿は商店街アーケードの中にあるんだけど、通行人がいない…。全ての建物が悪い意味で古い。もう崩れそう。
※この当時、私は古い建物に理解がなかった。

そんな古い建物の細い細い通路を経て宿の入り口にたどり着いた。

受付らしき場所にスタッフがいない。女性の宿泊客が一人いたので「すみません、ここのスタッフは…」と話しかけたときに日本人に似ているアジア人ということに気付いた。

あちゃーと思ったが、相手は私が何を言わんとしていることが分かったようで指を指して
「cafe」と答えてくれた。(ちなみに発音はカフィだった)

そういえばネットにスタッフがいないときは隣のカフェに来てと書いてあった!

そこで荷物を預け、早速千光寺へ!!

長い階段があるのは知っていたがなんせ初体験である。どこがゴールか見当がつかない。

いつまで続くの!?

途中、公園のような広場がありしばし野良猫と戯れる。

ようやく千光寺に到着し、独特の立地や岩の大きさに圧倒された。

ここにはお目当ての鎖場がある。この鎖を握ってはたして岩山を登りきることができるのか!?

それはすぐ登り終わった。

「???」

私は納得いかなかった。鎖で登るところはこれだけなのか?

こんな幼児でも登れそうな場所&距離のはずがない。どこか見落としていないか?
もっと危険な場所があるはずだ。

なかった。

納得しないまま墓の間を通り、道に出た。

※私が尾道に来たかった理由を思い出した。この鎖場を体験したかったんだ!
きっとスリル満点のはず!なんて。

あとは住宅地を歩き回った。道路の幅が1mあるだろうか?そして階段の先にまた階段が二股に分かれて出現するという無限階段。

手作り感満載の階段。

その階段もおそらくバイクで移動出来るように後でセメントで塗りつぶされてスロープにしたような箇所がいくつもあった。

そんな迷路のようなところに建つ家々もカオスだった。
まず玄関の幅が1mない?70cm50cm??これ勝手口??

建物の一部が鋭角。

巨大な岩を包み込むように建てた家。

廃墟。

尾道に行った人としか共感出来ない風景の数々。

Google Mapを見て「この地域もカオスっぽい」と判断して住宅地を歩き回った。

人は住んでいるのだろうか?

ある場所で母親とその子供らしき小学生低学年3人と出会った。その子供たちは全速力で細い道を下っていき、屋根の向こう側へ消えていった(急斜面に家があるので)。

もうすっかり尾道大好きになっていた。たった1泊では歩ききれない。なぜ2泊にしなかったのか。

疲れはてて何か食べ物を…とネットで高評価の「朱華園」で中華そば(ラーメン?)を食べた。

味は普通。普通…でも箸が止まらない。疲れて体が塩を欲しているのか。
ズルズルとすすり汁もほとんど飲み干した。
うまかった満足。

実はかなりの有名店らしく、数年前に閉店したときには長蛇の列だったとヤフーニュースか何かに載っていた。

さてあなごのねどこに戻り部屋の案内をしてもらった。

ちょっと設備に問題がある。

(私の記憶では)シャワールームは床がすのこと丸い色とりどりの楕円タイル(脱衣場はどこだ?)。うわっこのタイル、昔の実家の風呂場と同じタイルだ…嫌だなぁ。

ドライヤーが置いてある場所になぜか鏡がなかったような気がする。

2階に案内される。

ここのトイレは一階と、もう1つは男女兼用相部屋の中を通ったところにある。
夜中に男性がいる部屋に侵入し、ベッドの真横にあるトイレに入れるか???

私は女性専用相部屋。

ゲストハウスにありがちではあるが。ベッドにある仕切りのカーテンには隙間があり完全に目隠しにはならない。(なぜ幅に余裕のある布を備え付けないのか)

部屋の照明が暗い。

古い雰囲気に魅せられてこの宿を取ったが、本当に古いのは勘弁。

この宿、皆が集まるリビングも照明が暗いのである。昭和の家だ。

風呂は近くのホテルの温泉を利用した。こっちに泊まれば良かったのかもしれない。

夜、私のベッドの上の人が「夜中に叫んだらごめんね。昨日寝言言っていたみたいで」と話しかけてきた。

寝静まってふと目覚めると自分の腹がグーグーと規則正しく鳴り続けている。小さい、ささやかな音だが周りに迷惑がかかるかもしれない。

数分待っても鳴りやまない。やばいなんとかしてこの音を止めなければ。
暗いベッドの中、チョコレートを取り出し食べる。しかし止まらない。
普通こんなに鳴り続けないのに、あああ止まらない!!と30分くらいウダウダしていたら、それは上で寝ている人の規則正しい小さなイビキだと気付いた。

寝ていて判断力が低下していた。


本日の歩数20200歩

2,渦潮見る船に乗った

2021年5月8日[土] 23:14:07

このページのトップへ

愛媛県道後温泉の宿を朝10時に出て、松山駅周辺でレンタカーを借り今治市までGO!

目当ては午後のうずしお見学。

それまでに何をしようか特に考えておらずブラブラドライブ。
「海の駅」という名前の場所があったのできっとお店があって楽しいのだろうと付近の駐車場に車を停めて周りを散策。

……人が全くおらずしかも海と船の発着場しかない……。

えっ?まさかこの発着場の多さが「駅」と称されているだけ?

自分の勘違いで時間を無駄にしてしまった。

(記憶が正しければ)遠目にどんよりとした老朽化アーケードが見えた。昭和の遺物。
近寄らなくても商店街はゴーストタウンだろうと推測される。
このときはまだ古くて壊れそうな建物に興味がなかったが、今ならあえて散策するだろうな。

うずしお見学は大島という島にある来島海峡急流観潮船を利用した。

無料で貸してくれる防水上着を羽織り、20人ほどで出発。

造船所で大きな船を見たり、島や橋の説明を受けたりととても勉強になる。

塩の流れの向きや強さを表示する塔があって「へぇぇ」と感心した。

渦潮に向けて船が行く。もしや流れに負けて船が流されるのでは!?全くそんなことはなかった。思ったより揺れもない。

小さな島には海水浴に適しそうな砂浜もあったが、たった10数メートル岸から離れただけで川の流れのような急流が発生している。

こんな海だけど時間によっては穏やかになるんでしょ??不思議や…。

次回は別の場所の渦潮観測船に乗りたい。

この大島には道の駅みたいなところがあって、レストランに鯛めしがあった。
昨日食べた丸水の鯛めしが忘れられず、愚かにも頼んでしまった。

刺身のような大きさの鯛はふにゃふにゃで食べて気持ち悪かった。タレもいまいち…。
先に丸水の鯛めしを食べなければ「こんなものかなぁ」なんて満足したかもしれない。

大島からまた今治市に戻り鈍川温泉というところに行った。しかしどんな温泉だったのか覚えていない…。山の中の温泉地だったけど客はまあまあいた記憶あり。

ようやくレンタカーを返却し、今治駅近くのゲストハウス「シクロの家」に到着!

今治市はサイクリングのために訪れる人達が多く、この宿は外国人が多かった。
こういうところで他人と一切交流しない私のオーラは他人から見て何色に見えるのだろう。大勢人がいるのに孤独を感じる。
本当は話しかけてほしいの。「なんで愛媛に来たの?」なんて聞かれたらすごく喋るのに。

本日の歩数6400歩

  • 目指せ!杉本彩さん2021/05/09 09:19
    今治の方でもうず潮が見れるんだ??知らなんだw
    今治と言えばタオル美術館??
    うず潮は高知?香川??あっちの方には去年の12月に行ったけど・・・・
  • 枢(くるる)さん2021/05/09 22:10
    今治市管轄の島から出発しましたね〜
    どこそこから観測船出ているみたいなんで、別の県の船にも乗りたいです!

    タオル美術館があるとは知りませんでした💦

1,愛媛道後温泉鯛めし旨すぎる

2021年5月7日[金] 18:28:33

このページのトップへ

1,愛媛道後温泉鯛めし旨すぎる

1,愛媛道後温泉鯛めし旨すぎる[2]

前年末に仕事辞めたし、2019年は好きなことを全てやるぞ!と旅行をたくさんしました。

そんな2019年第3弾一人旅は「謎の住宅地尾道」「出雲市発の寝台列車」「富山雪の大谷ウオーク」これを組み合わせて旅程を組んだ。

島根にせっかく行くのだから石見銀山にも行けるかしらと公共交通機関を調べたがなかなかの田舎らしく、頭痛くなってきたので除外した。

早朝、私は自宅から愛媛県道後温泉へ出発した。
ここに行くまでが大変だった。

宮崎駅から大分県臼杵駅まで電車移動(2時間半)。
臼杵港に行きオレンジフェリー2時間乗って愛媛県八幡浜港に13:55到着。

八幡浜駅から松山駅まで50分。そこから道後温泉まで20分

朝7:15に家を出て、寄り道もせず道後温泉には午後4時に着いたのでした。

本当は八幡浜港から路線バスで松山駅まで行こうとして、出会った人に行き方を聞いたら

「(松山??)ここは八幡浜ですよ」と驚いた顔をされた。

たしかに、いきなり遠い場所の行き先を聞かれても当惑するだけよね。大人しく駅から電車乗った。

道後温泉では坊っちゃんからくり時計が設置されていて、ちょうど発動されたときだった。たくさんの観光客が見守るなか、時計は第二形態、第三形態へと姿を変え、スッゴク頑張っている作りだった。

道後温泉には土産物屋が並ぶアーケード街があり(当時は)夜9時までやっているらしい。
観光客が多く、賑やかで活気に溢れていた。

見るだけで楽しい。本当は友達と「美味しそう!」とか「これはどうかな?」とか喋りながら回りたい。

今夜泊まる宿はシナモンゲストハウス道後という相部屋。駅からも近く立地がいい。
廃ビル?を改装してお洒落な作りになっており、一階のフロントのある部屋はビルの中じゃないような感じ!!


夕食はお勧めだという丸水(がんすい)の鯛めしを食べた。

うっまーーーーい!!

鯛は刺身のような幅広ではなく細く切っていて、そこにタレ浸けてご飯にも浸けてうまーーーい!!!

もうタレだけでもご飯食べられるわこれ!!
この鯛めし食べるためだけに再び道後温泉に行きたいのだが遠い…

そのあと道後温泉本館の温泉に入る。改装中のため豪華らしい休憩室などは見れなかった。
常に客が入ってくるほどの繁盛ぶり。中は昔ながらの設備でそこがいいと思う人にはいいかも(私は真新しい施設が好き)。
温水質はただの湯みたいに感じたが肌に優しい感触。

シナモンゲストハウスではベッドにふかふかのマットレスが使用されていた。
ところが私に合わなかったのかその上で正座しても体育座りしても掛け布団にもたれ掛かってもすぐに腰などが怠くなり同じ姿勢を取り続けることが出来ない。

寝るときは本当にきつかった。寝ている態勢でもすぐ腰が怠くなり寝返りの回数が多くなる。結果、寝られない。

あまりにもふかふかで体の一部に集中して負荷がかかっているようだ。だから座り込んでいてもバランスが取りにくく筋肉が緊張していたのかもしれない。

このふかふか布団、他の体験レビューでは高評価だったが私の体には合わなかった。


今日の歩数10213歩
(ちゃんと記録していた)

今回の旅は旅行行程アプリで記録しているから詳しく書ける…と思ったらやはり面倒臭かったのか日記をちゃんと書いてない…

  • 目指せ!杉本彩さん2021/05/07 19:47
    道後温泉は2回行った。あの共同風呂にも当然、入ってきたけど、昔の温泉て深いよね??兵庫の城崎温泉も深かった・・・・
    古いお風呂はめっちゃ浅いところもあるし・・・・九州の嬉野温泉の共同浴場はめっちゃ浅かった・・・・あれじゃ温まらないって思ったw
  • 枢(くるる)さん2021/05/08 19:24
    風呂の中が深かったかは覚えておらず……
    人吉市の人吉旅館だったかな、ここは深さ1m前後あって丸太に掴まりながら入った記憶があります♨️球磨川の洪水であの旅館も滅茶苦茶になってただいま再建に向けて休業中💦
  • 目指せ!杉本彩さん2021/05/09 09:17
    人吉温泉も行ったわ〜町に色々共同浴場があったよね。
    球磨川沿い歩いたわ〜〜
    なつかしい・・・・

MARUKOの補正下着で毎日HAPPY

2021年5月6日[木] 20:04:44

このページのトップへ

体重は関係ない、垂れ下がった肉を下着で正しい位置に留めることで本来の美しい体型になる。

そんなMARUKOちゃん。

そう言われ続けましたがなぜか身体測定で何一つ変わらず、ついに「枢さんも何か努力しましょう!」と人力が必要になりました。

あれ?下着だけで体型が変わるんじゃ……筋トレとストレッチといろいろ候補をあげたが……真面目にしてないや🤔

でも尻の肉や背中に流れた胸の肉が下着の中に移動させやすくなったかな?

この前はMARUKOのブラと一般の市販ブラでどちらが脂肪を維持出来るのかという実験を見せてもらった。

裸のマネキンにMARUKOのブラを装着し、ブラのカップの中に固くて厚い楕円形の物を入れてマネキンごと揺する。

「ほら、中身が全然動かないでしょ!これだけ補正力があるということなんです」

もう1つの一般の市販ブラはというと……肩ヒモ長いな!!!!
こんなに長い肩ヒモってあるの!?たくましい肩の人用なの?!

そのままマネキンに着けた!!ブラのヒモもそのままの長さで!ブラのカップ、パカパカ空いてるし!
そのブラの中に固くて楕円形の物を入れて揺すったら動いた。

「ほら、こちらは維持出来なくてすぐ動きましたね!!」

すごーいさすがMARUKO🤗



なんやこれ?

 
 
 
   

ピックアップメニュー

コメントを書き込まれた日記

4,尾道いいところ、そして倉敷市
  • 目指せ!杉本彩さん1日前
2,渦潮見る船に乗った
  • 目指せ!杉本彩さん5日前
1,愛媛道後温泉鯛めし旨すぎる
  • 目指せ!杉本彩さん5日前
  • 目指せ!杉本彩さん1週間前
10 仙台にきたが蔵王温泉に行った
  • 目指せ!杉本彩さん1週間前
11 仙台で何を観光すればいいやら
  • 目指せ!杉本彩さん1週間前
12 有馬温泉と神戸の街散策
  • 目指せ!杉本彩さん1週間前
9 小樽で独り身の寂しさを自覚
  • 神河由実 さん1週間前
  • せりか☆さん1週間前
  • るりあさん1週間前

お気に入り

お気に入りはありません