現在、このページのスマホ対応を進めております。
完成まで、PC用デザインにてお使いください。 X 閉じる

今が旬!季節グッズや取りそろえました。【楽天市場 - 季節の特集】

dietデータ

最初の報告日から 32日経過
報告回数 33回
(朝[0]、夜[33])
性別 男性
年齢 55歳
身長 175.0cm
現在のBMI値 23.2
体重変化 -3.2kg
目標体重まで あと3.0kg
体脂肪率変化 -0.9%
目標体脂肪率まで あと1.5%

diet分析結果を見る

食事データ

2020年01月18日(土)
摂取カロリー:2330Kcal
目標摂取カロリー:1400Kcal
朝食カロリー:430Kcal昼食カロリー:750Kcal夕食カロリー:1150Kcal
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
2020年01月17日(金)
摂取カロリー:1419Kcal
目標摂取カロリー:1400Kcal
朝食カロリー:430Kcal昼食カロリー:309Kcal夕食カロリー:680Kcal
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
2020年01月16日(木)
摂取カロリー:1319Kcal
目標摂取カロリー:1400Kcal
朝食カロリー:430Kcal昼食カロリー:209Kcal夕食カロリー:680Kcal
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

食事データ一覧を見る

日記

痩せてる人の驚きの食習慣

2020年1月17日[金] 21:03:24

このページのトップへ

 昔、スリムな知人(Kさん)と話をしていて、決定的な違いに気づきました。
 Kさんによると、「疲れた日は、晩御飯が食べれないことがある」とのこと、それを聞いた時、大変驚きましたね。

・・・私は物心ついて以来、疲れて食べれなかった、ごはんが喉を通らなかった、なんて経験は1回もありません。
胃袋が丈夫なんですかね、、どんなに疲れていても普通に食べれますね。

  • 70.6 kg   16.0 %
  • bprさん2020/01/17 21:56
    だから、痩せるんですよね。
    僕は疲れたら食べます。笑
  • 45rpmさん2020/01/17 22:13
    そういうのが積み重なると、差が付くでしょうね。

ご先祖様の生き方に思いをはせる。
きっと、散々歩いたり走ったりして、山の向こうまで行って獲物を捕まえたり、木の実を取ったりしていたはず。
本当に腹が減っていたはず。
すぐ手が届くところに商品が並んでいるような状態なんてなかったはず。

食べる前、本当に腹が減っているのかと自問自答しています。
今の状態で、山の向こうまで行くエネルギーがあるかな、と体に聞いています。
腹を見ると、すぐ燃焼できるよう、肝臓の近くにイザという時のために蓄えた内臓脂肪がある。
だったら、今食べる必要ないよね、本当の食欲とは違うよね、となります。

  • 70.4 kg   16.0 %

ダイエットの定義を再構築したい

2020年1月15日[水] 20:48:57

このページのトップへ

 ダイエットとは、「体重を減らすこと」ではなく、「太らない生活習慣を身につけること」「正しい食習慣を身につけること」と再定義したい。

 従って、ダイエット中と、ダイエット後で、食生活は変わらない。

 それが、私が目指す、リバウンドしないダイエットですね。

  • 70.4 kg   16.0 %
  • bprさん2020/01/15 21:34
    あとは、健康的な食習慣ですね。
    ダイエットは一生続けるものですから。
  • 45rpmさん2020/01/15 21:39
    まさにそれですね!

菓子パン依存症からの脱却

2020年1月14日[火] 21:50:53

このページのトップへ

○書籍
「お菓子中毒」を抜け出す方法~あの超加工食品があなたを蝕む
ドラッグ食: あなたを蝕む食依存と快楽
フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠
ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実

○ネット記事
フラペチーノ依存/砂糖依存--甘すぎるスイーツで欲望をかきたてる企業戦略
薬物中毒のような甘い物の恐怖

・・・・・
 以上の書評や記事を立て続けに読んで、ここ10数年、菓子パン依存症だったな、と自覚しました。腹が減ったからではなく、ストレス解消のために食べていたという認識もあります。

 ダイエットを開始した去年の終わりから、全く食べていませんし、「わざわざ健康を害する化学物質を体の中に蓄える意味が分からない」と今は思えます。
 もういい年だし、健康によい良質な食事をしたいという気持ちが強くなったので、恐らくよっぽどのことがない限りは、もう菓子パンを口にすることはないかなと思います。

今、アマゾンで評価の高かった
「果糖中毒〜19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?」
を読んでいます。後日感想をアップしたいと思います。

  • 71.0 kg   16.0 %
  • 45rpmさん2020/01/15 19:55
    ぐりぐりありがとうございます。

過去のダイエットは全てリバウンド

2020年1月13日[月] 19:45:56

このページのトップへ

過去4回、ダイエットを試みたが、全てリバウンドしている。

全てのパターンに共通することは、
 \儀遒縫好拭璽箸靴討い
◆ 屬△訥度落ちると安心して、食生活が元に戻る」だ。

年   開始日 達成日 体重の推移
2009  1/13  3/31   70→65→70
2011  1/1    2/16  74→69→70
2016  1/12  5/1   71→62→72
2017  1/1    3/19  72→65→72


■失敗の原因
 自分では以下のように分析している

.皀船戞璽轡腑鵑軽く、危機感が無かった。
・腹が出たのでカッコ悪い、みんなから痩せたと言われたい、健康診断の時、保健師さんを驚かせたい、そういう健康とはあまり関係ない動機だったし、少々皮下脂肪がついてもどうってことないと思っていた。

¬槁限僚鼎肪した後どうするか、という方法論がなかった。

C韻紡僚鼎鮓困蕕好謄ニックだけを追求し、そもそもなぜ太ったのか、という原因について考えなかった。原因を究明し、心の問題を克服しなければ、結局元の食生活に戻り、体重も戻ってしまう。


■太った原因について
・太った原因は、ストレスによる「コンビニ依存症」「コンビニ買い食い依存症」「菓子パン中毒」「菓子パン依存症」「コンビニおにぎり依存症」とでもいうべきものだったと思う。
・仕事のストレスを、コンビニのマンガ雑誌立ち読みで紛らわせていた。が、何も買わないのも申し訳ないので、おにぎり1個、菓子パン1個など買ってた。いつしかそれが習慣となり、食べずにいられない中毒症状になっていた。


■対応案
・太った原因と向き合う。ストレスに向き合う。
・ストレスを紛らわすのは、食べること以外にする。
・菓子パン中毒や、菓子パンの危険性などについて学ぶ。
・自分の健康や、体によい食べ物について考える。
・食欲については、体の声を聞く。フェイクな食欲と本物の食欲とを見分ける。

  • 71.1 kg   16.0 %

次の日記一覧を見る

ピックアップメニュー